こんにゃく製造のこだわり

刺身こんにゃく

昭和47年から続く弊社塩澤屋商店では、中央アルプスと北アルプスに囲まれた「伊那谷」と呼ばれる長野県南部地域から生まれたこんにゃく芋のみを加工してこんにゃくを製造しており、地元信州産こんにゃく芋を原料とした素朴で美味しい田舎のこんにゃくを堪能することができます。

「安心・安全・地元産」を最優先とした、お客様に喜ばれる商品づくりに日々努力を重ね県内産にこだわり、「美味しい」を求めたその製造のこだわりと美味しさの秘密をご紹介!

 

とにかく味にこだわる

こんにゃくセット

“味がないこんにゃくの「美味しい」てなんだろう?”

その疑問への答えを、弊社は匂い歯ごたえ、そして味染みの良さに求めて今日までこだわってきました。

「臭くない」から美味しい、「臭くない」からあく抜き不要!

こんにゃくが嫌われる原因の一つに凝固剤の水酸化カルシウムから発生する匂いがあります。

弊社のこんにゃくは腕の確かな業者の凝固剤を更に厳選し、えぐみの無い無臭に近いものを使用しておりますので、どのこんにゃくでもそのまま刺身でお召し上がりになることができます。

また、調理前にこんにゃくをお湯でゆでて匂いを抜く“あく抜き”という作業をする必要もなく、料理のスピードが大幅に短縮いただけます。

原料へのこだわり

こんにゃく芋

弊社のこんにゃくは地元伊那谷の畑で作られたこんにゃく芋と、中央アルプスの地下を流れる天然水を使用して作られています。

安心安全の地元産を合言葉にどなたでも安心して食べられるこんにゃくを毎日愛情をこめて作っています。

さまざまな“やわらかい”

こんにゃく

弊社のこんにゃくは商品の種類ごとに原料に使われるこんにゃく芋とこんにゃく製粉、凝固剤の割合を細かく変更し配合しています。

その商品から予想される調理方法に合わせた柔らかさと歯ごたえに調整されたこんにゃくの“ねっとりとした柔らかさ”、“さっくりとしたやわらかさ”の違いをお楽しみください。

包丁でも抜群の味染み!

おでん

「こんにゃくは包丁で切ると味染みが悪くなるのでちぎった方が美味しい」という話をよく聞きますが、弊社のこんにゃくは独自の製法によって大量の細かい空気の粒を混ぜ込むことにより、こんにゃくへの調味料の味染み時間を格段に高めています。

そのため、包丁で切ったこんにゃくでも短時間でしっかりと味がしみ込むようになっています。

是非、一度食べてみてください!

生芋こんにゃく

食物繊維が豊富でグルテンフリー、ヘルシーでダイエットの強い味方にもなると有名になっている、こんにゃく。

中でも特に、こんにゃく芋を直接加工した「生芋こんにゃく」魅力的!

もとからの柔らかさに加え、特殊製法で含ませた細かな気泡が調味料の味染みを良くして短時間での調理を可能にしているので、様々な料理のバリエーションをお楽しみいただけます。

ONLINE SHOP →